スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スローライフ 意味

1960年代から80年代にかけての、日本の高度経済成長時代において働きづめに働いてきたビジネスマンたちがバブルを経験し、その後に「空白の10年」を経て、さらに21世紀に入ってからしだいに出てきた考え方。産業社会のなかで競争、スピード、効率化を求める考えを持っていても、その価値観が絶対的な有効性を持つ社会ではないことがわかってきたのである。働きづめに働いて会社に貢献したと思っていても、その企業が少し傾き始めればリストラされてしまう。それなら「怠惰」なライフスタイルをとってもいいではないかと考えるようになってきた。スローフード、スローワークといったことばに表現されるように、自分のできることだけを自前でやり、他人からの批判を受けないで生きていきたいという生き方である。

カテゴリー

最近の情報

  管理  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。